【スピーカー】やっと見つけたPCに最適なスピーカー Fostex PM0.1

私のPCには、サウンドカードのSound Blaster Zをつけています。
PCでDJしたり音楽鑑賞・動画鑑賞・ゲームなどをする為に、出来るだけ良い音をPCで鳴らしたいと思っています。
今まで色々なPCスピーカーを試してきて、今回新たに「Fostex PM0.1」というスピーカーを入手したのでご紹介したいと思います。

Fostexとは

日本の東京都昭島市にある、フォスター電機株式会社という音響メーカーのブランド「Fostex(フォステクス)」です。

設立は、1948年(昭和23年)6月1日と古く 西村茂廣と篠原弘明が東京都渋谷区に信濃音響研究所を設立し、スピーカーの製造を開始したのが始まりです。

スピーカー自作マニアの間では、フォステクスのDIY用スピーカーユニットは有名です。

私もDJ用モニターヘッドホンで、Fostex「TH7」をずっと使っていて音質が素直でとても良く好みの音です。

Fostex PM0.1とは

Fostex PM0.1は、パーソナル・アクティブスピーカー・システムでPCやTVなどの外部スピーカーに適していて「音」「デザイン」「スタイル」をベストバランスで融合したアクティブスピーカーです。

定価PM0.1 ¥10,000+消費税(1セット)です。

特徴

PMシリーズのエッセンスをコンパクトに凝集。「音(こだわりの音)」、「デザイン(形状)」、「スタイル(コンパクト)」をベストバランスで融合させることで、音楽が心地よく生活に溶け込むオーディオ環境を目指しました。

PMシリーズを通して共通する「木」へのこだわりを体現。自然な響きを生み出す木製エンクロージャーを採用しました。

5.5cm口径のグラスファイバー振動板フルレンジスピーカーを採用。クリアな音質を実現しました。

リアバスレフ方式により、コンパクトなボディで重低音を実現。また、スピーカーにブーストマグネットを搭載することで、小音量時でも引き締まった低音再生を可能としました。

約15分間、入力信号が一定音量以下の状態が続くとオート・スタンバイ機能が動作し、0.5W以下まで電力消費を抑え、再び信号が入力されると通常動作状態に戻ります。

引用元:https://www.fostex.jp/products/pm01/

しかし、PM0.1モデルは生産終了品になっており現在、後継機のPM0.1eというモデルになっています。

PM0.1とPM0.1eの違い

現行型モデルのPM0.1eとの違いを調べてみました。

・PM0.1eは、「オート・スタンバイ機能」が無くなっている。

・PM0.1eには、「角度調整用ゴム足」が標準で付属している。

・PM0.1eは、価格がオープンプライスになっている。

・仕様・大きさなどは、同じ。

私は、「オート・スタンバイ機能」が良いと思いPM0.1モデルを探すことにしました。
*オート・スタンバイ機能とは、約15分間入力信号が一定音量以下の状態が続くとオート・スタンバイ機能が動作し、0.5W以下まで電力消費を抑え、再び信号が入力されると通常動作状態に戻ります。

ヤフオクでPM0.1を落札

ヤフオク「PM0.1」を探し程度の良さそうな出品を見つけ3500円スタートだったのでとりあえず入札してみました。
その後放置してたのですが、なんと他入札が無く3500円で落札しました。
送料がかかりますが、新品を買うよりか安いのでお得に入手出来ました。

現行型のPM0.1eは、Amazonで売られています。

新品でオート・スタンバイ機能が要らない方は、PM0.1eが良いと思います。

PM0.1開封・設置

ヤフオクで落札して3日程で宅急便で届きました。

ちゃんと純正の箱に丁寧に梱包され送られてきました。

Rスピーカー側の裏面には、ボリューム・音声入力のRCAピン(×2)・Lスピーカーへの出力端子・電源端子があります。*光デジタル入力はありません。
付属品は、ACアダプター☓1、スピーカーケーブル(ミニプラグーミニプラグ/1.5m)☓1、オーディオケーブル(RCAピン☓2ーステレオミニプラグ/1.5m)☓1です。
このスピーカーは、全て端子がプラグイン式なのでケーブルだけを変えることが出来るので良いと思います。私は、ケーブル類はACアダプター以外全て社外品を使いました。

私の24.5インチのAcer ゲーミングモニターの両脇に設置しました。
コンパクトで場所を取らずに丁度よい大きさです。

通常時はLEDランプが白く光っていますが、オート・スタンバイ時はLEDランプが赤に変わります。
ちゃんと入力音を感知して、オート・スタンバイ機能は動作してくれました。
音が鳴っていない時は、自動でスタンバイになり消費電力が0.5W以下に抑えられるのでエコですね。
再び音を流すと自動で違和感無く、スタンバイが解除され音が鳴ってくれます。

音質

今まで色々なPCスピーカーを使ってきましたが、PM0.1は一番音質が良くバランスが取れていると感じました。

木製エンクロージャーが良く効いており、音が柔らかく味わいのある音質になっています。

適度な広がりがあり中音が強めで動画などのトークは聞き取りやすく、高音・低音も丁度よいバランスで出ています。

ボリュームを大きくしても音が割れることはありません。

リアバスレフ方式により、ウーハーが無くても十分な位の低音が響いています。

PCスピーカーとしては、十分な音量・音質だと思います。

TVの外部スピーカーとしても、全然良いと思います。

サウンドカードSound Blaster Zと組み合わせイコライザー等でセッティングするとPM0.1スピーカーの性能を最大限引き出せます。
PCスピーカーとして使う場合は、液晶モニターの音声出力からではなくPC本体の音声出力(サウンドカード)から繋ぐのをオススメします。

まとめ

・メーカーは、マニアでは有名な「Fostex」のスピーカー。

・PCスピーカーに最適な大きさと音質。

TVのスピーカーとしても最適。

コストパフォマンスに優れている。

・オート・スタンバイ機能の旧型PM0.1を手に入れるのは、ヤフオクなどの中古品を入手する。

・オート・スタンバイ機能が不要な方は、新品の後継機PM0.1eを買うのをオススメします。

・スピーカー本体では、ボリューム調整のみで音質の調整は出来ない。

今まで色々なPCスピーカーを探してきましたが、やっと満足できるスピーカーに出会えたと思います。
是非オススメです!

それではまた~!



【スピーカー】やっと見つけたPCに最適なスピーカー Fostex PM0.1
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!