【DNS】「1.1.1.1」ネット接続を高速に安全にする設定方法

Windows10のDNS設定をすることによって、もっと快適に安全にネット接続が出来ます。
今回は、現在最も高速な「1.1.1.1」を使った設定方法をご紹介致します。

DNSとは

DNSは、Domain Name Systemの略でインターネットのディレクトリです。

それぞれのPCには、IPアドレスが割り振られています。
IPアドレスは、数字の羅列なので直感的にわかりずらいです。そこで、わかりやすい名前をつけたのがドメイン名です。
そのドメイン名とIPアドレスを紐付けるのがDNSです。

デフォルトのDNSは遅くあまり安全ではありません。
そこで強制的に、高速で安全なDNSに指定します。

DNSサービス「1.1.1.1」とは

1.1.1.1は、CloudflareとAPNICが提供している高速で安全な無料のパブリックDNSサービスです。

Cloudflareは世界最大・最速ネットワークの1つを運営しています。APNICは、アジア太平洋・オセアニア地域におけるIPアドレスの割り当てを管理する非営利団体です。

Cloudflareにはネットワークがありました。APNICにはIPアドレス(1.1.1.1)がありました。どちらにも、インターネットをより良いものにするという使命感を持っていました。こうした経緯についての詳細は、各組織のブログ、Cloudflareブログ / APNICブログをご覧ください。詳細情報はこちら:1.1.1.1とは何ですか?

これまでGoogleも無料のパブリックDNSサーバーを提供していますが、私が測定した限り現時点では、1.1.1.1が少し速かったです。
1.1.1.1は、プライバシーが最優先されておりデータを販売したり、データをターゲティング広告に使用したりすることはありません。」と謳っており安心してインターネットが出来そうです。

DNSの設定


1,Windows10のデスクトップ右下のネットワークのアイコンを右クリックします。


2,「ネットワークとインターネットの設定を開く」をクリックします。


3,ネットワークとインターネットの状態の設定が開きますので「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。


4,イーサネットを右クリックし「プロパティ」を選択します。


5,「インターネット プロトコル バージョン4」を選択し「プロパティ」をクリックします。


6,「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択し、優先 DNS サーバーに「1.1.1.1」代替 DNS サーバーに「1.0.0.1」入力し「OK」をクリックします。


7,インターネット回線がIPv6も使用している場合、「インターネット プロトコル バージョン6」を選択し「プロパティ」をクリックします。


8,「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択し、優先 DNS サーバーに「2606:4700:4700::1111」代替 DNS サーバーに「2606:4700:4700::1001」入力し「OK」をクリックして全て閉じます。

9,PCを再起動します。

*元に戻す時は、IPv4 IPv6共「DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する」にしてください。

回線速度測定

DNSの設定前とDNSを1.1.1.1に設定した後で、回線速度を測定してみました。

環境:回線・DMM光 V6プラス 測定時間・平日AM11時台


DNS設定前:PING 17ms・Download307.61Mbps・Upload430.13Mbps


DNS1.1.1.1に設定後:PING 17ms・Download329.18Mbps・Upload448.19Mbps

PINGは変化なしでしたが、ダウンロードとアップロードは少し速くなりました。

まとめ

1.1.1.1とは、プライバシーが保たれ安全に高速にインターネットが出来るDNSです。

・Windowsに高速で安全なDNSを設定して快適にインターネット接続をしてみましょう。

・契約しているインターネット回線の種類に応じて、IPv4 IPv6にDNSを設定する。

・環境によりますが、回線速度が少しアップしました。

皆さんも、試してみてはいかがでしょうか?

それではまた~!

 

この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!