【クレジットカード】年会費無料の高還元率カードはどれが良いか考えてみた

2019年、年会費無料クレジットカードで、色々な側面からみてトータル的に一番良いカード・単独でポイントが貯めやすいカードはどれか?を考えてみます。
私が特に厳選したそれぞれ特徴のある、4枚のカードをご紹介いたします。
*グループサービス全体でポイントを貯めれる、楽天カードYahooカードは今回除きます。

本当に良いクレジットカードとは

年会費無料のクレジットカードは、ポイント還元率だけ見てもダメです。
次のような点を確認してクレジットカードを選ぶと良いと思います。

・ポイントの付与単価
100円ごとに1ポイントか2000円ごとに25ポイントでは、還元率だけ見れば1%と1.25%になりますが、月トータル的に見れば前者の方がポイントが多く貯まる場合が多いです。
ポイント付与の単位は、小さい金額から付与されるほうがお得です。

・ポイントの有効期限
貯めたポイントも期間限定ポイントなどで、1ヶ月から2ヶ月しか有効期限が無いポイントより1年の有効期限のあるポイントの方が急いでポイントを消化するより本当に使いたいときに消化出来るので効率的です。
付与されるポイントの有効期限を確認しましょう。

・ポイントの汎用性
貯めたポイントの使いみちで、限られたマーケットでしか使えなかったり1000ポイント以上からしか交換出来ないなどは使い勝手が悪いです。
よく使うAmazonギフト券へ交換や、1ポイントからVISAプリペイドカードにチャージ出来たりするポイントは汎用性が高く使い勝手が良いです。

・ETCカードが年会費無料
自動車を運転される方は、ETCカードも年会費無料で持てるカードがオススメです。
本カードは年会費無料だけど、ETCカードは年会費有料と言うカードも多いです。
車を持っていなくても、レンタカーなどを運転することもあるかもしれませんので年会費無料のETCカードを発行しておくと便利です。

・クレジットカード・スマホアプリがある
利用明細は、今は殆どWebで確認するようになっています。
スマホのアプリがあるカードは、いつでも手軽に利用明細・ポイントなどが確認出来るので便利です。
また、不正利用の早期発見にも繋がります。

リクルートカード

リクルートカード

毎月の利用額合計に対して1.2%のリクルートポイントが貯まり、リクルートのネットサービスをご利用でさらにポイント還元されます。
毎月の利用額合計に対して1.2%が付与されるので、無駄なく効率よくポイントがザクザク貯められます。

海外旅行保険が最高2,000万円(利用付帯)、国内保険が最高1,000万円(利用付帯)、ショッピング保険は年間200万円など、年会費無料のカードの中でも充実した補償内容になっています。

家族カード・ETCカードが年会費無料で発行出来ます。

ローソンやじゃらん・リクルート系サービスなどを良く利用される方は、特にオススメ出来るカードです。

REX CARD

REX CARD

価格ドットコム系のJACCSのクレジットカードです。
通常還元率1.25%(2,000円ごとに25ポイント)、JACCSモールの利用なら1.75%と、高還元率が魅力のカードです。

海外旅行保険が最高2,000万円が自動付帯、カードを持って海外旅行に行くだけで保険が付帯します。

家族カード・ETCカードが年会費無料で発行出来ます。

貯めたポイントは、Jデポというカードへの請求額から値引きできます。

ポイント付与は、2,000円ごとに25ポイントで1.25%なので意外と貯まりずらいので少額決済が多い方には不向き。

海外旅行に良く行く方・2000円以上の決済が多い方には、オススメのカードです。

VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。
通常ポイントは、0.5%(1,000円につき5ポイント)ですがVIASO eショップ経由で購入するとポイントアップします。
ETC料金・携帯電話の利用料金・対象のインターネットプロバイダ料金は、ポイント2倍になります。

海外旅行保険が最高2,000万円(利用付帯)、ショッピング保険が年間100万円が付帯します。

貯まったポイントが、1ポイント1円を自動的にオートキャッシュバックされるのでポイントの有効期限を気にしなくていい。

スマホアプリ「請求額・ポイント残高かんたん確認アプリ」で請求額やポイントの確認がお手軽に出来る。

様々なカードデザインラインナップで、キャラクターデザインなどの券面が選べます。

ネットショップ主体で使われる方で好きなキャラクターデザインのカードがあれば、オススメのカードです。

一部、会員サイトが使いにくいとの声もあり。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

還元率は常に1.0%以上(100円につき1オリコポイント)であり、入会後半年間はポイント付与が2倍になる特典があるなど、ポイントを貯めやすいカードです。
オリコモールのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算。

100円で1ポイント貯まるので、ポイントが貯めやすいカードになっています。

旅行保険・ショッピング保険は付帯しません。

たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます。

家族カード・ETCカードが年会費無料で発行出来ます。

スマホアプリ「オリコポイントゲートウェイアプリ」で請求額やポイントの確認がお手軽に出来る。

年会費は(1950円)かかりますが、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」という更にポイントが貯めやすいカードもあります。

総合的にオススメな年会費無料カード まとめ

以上厳選した4枚のクレジットカードをご紹介しましたが、この中で総合的に見て一番単独でポイントが貯めやすく使いやすいカードは、「Orico Card THE POINT」だと思います。

なんと言っても、入会後半年間はポイント付与が2倍が大きく100円で1ポイントずつ貯まるのですごくポイントが貯まりやすいと思います。

旅行保険・ショッピング保険は付帯しませんが、他のサブカード(エポスカードがオススメ)の保険で補えば問題ありません。

クレジットカードのポイントの貯めやすさは、還元率よりも付与単価(何円ごとに1ポイント)の方が重要になってきます。
出来るだけ低い金額ごとにポイントが付与される方が、ポイントは貯まりやすいです。

貯まったポイントの使い勝手も重要で、様々なオンラインギフト券・マネーポイントに交換できるOrico Card THE POINTは、使いやすいです。

次に、総合的に使いやすいカードが「リクルートカード」だと思います。
毎月の利用額合計に対して1.2%が付与されるので、無駄なく効率よくポイントがザクザク貯められます。旅行保険・ショッピング保険も充実しています。
リクルート系のサービス・Pontaを良く使われる方には最適なクレジットカードです。

その他のカード「REX CARD」「VIASOカード」は、特に理由が無い限り今あえて選ぶ必要は無いと思いました。

いかがだったでしょうか?皆さんも自分の使い方に合った最適なクレジットカードを見つけて、効率よくお得に活用してはどうでしょうか。

それではまた~!

*この記事は、2019年1月時点の情報で記載しています。今後、変更になる場合もありますので各公式サイトをご確認ください。

この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!