【クレジットカード】年会費無料のクレジットカードを持つならエポスカードをオススメする理由

私は、15年ほどメインのクレジットカードはマイルが貯まると思い年会費のかかる三井住友発行のANAカードを使っていました。

しかし最近は、ほとんどANAに乗らなくなったこともあり年会費無料のもっと還元率の良いクレジットカードは無いか色々調べました。

そこで今回、エポスカードを選びメインカードを乗り換えることにしました。

エポスカードとは

ファッションビル・商業施設などを運営する丸井(OIOI)が発行する、VISAクレジットカードです。いわゆる流通系クレジットカードです。

丸井のクレジットカードの歴史は古く、1960年(昭和35年)に日本で最初にクレジットカードという名称を使用したカードが登場しました。

現在のエポスカードの名称は、2006年3月より赤いカードの後継として発行しました。
日本で一番最初のクレジットカードとは私も知らなかったです。

エポスカードの特徴

発行スピードが速い

エポスカードは、商業施設のマルイ発行なので最短当日にマルイ店舗で受け取ることができます。

ネット申し込み・郵送受け取りでも、私の場合審査はその日にわかり1週間程でカードが送られてきました。

マルイ店舗が近くにある方でお急ぎの方は、店舗受け取りサービスは便利ですね。

ネット申し込みでエポスポイントがもらえる

時期によって違いますが、ネットからエポスカードを申し込むと2000~8000円相当のポイント貰えます。

年会費・ETCカード永年無料

年会費無料のクレジットカードは他にも沢山ありますが、ETCカードは年会費がかかるクレジットカードも多いですが、エポスカードはETCカードの年会費も無料です。
私も利用しています。

たまるマーケット経由でポイント2~30倍

通常エポスカードのポイント還元率は、基本200円につき1ポイントですが、エポスカード専用のネットサイト「たまるマーケット」からAmazonや楽天などネットショッピングサイトでエポスカードを使って決済すると、通常のポイントの2~30倍つきます。

ショッピングから旅行サイト・レストラン予約まで網羅しているので、ほとんどのネット決済で使えてお得にポイントが貯めれます。

普段使用のブラウザに、「ポイントアップコンシェルジュ」と言う拡張機能を追加しておくと「たまるマーケット」対応のサイトだとお知らせしてくれて取りこぼしが無く便利です。

エポスVISAプリペイドカードにポイントが貯めれる

せっかく貯めたポイントも、使い勝手が悪かったら意味無いですが、エポスポイントは別に申し込める「エポスVISAプリペイドカード」(年会費無料)に貯まったエポスポイントを移行すると、1円からVISA決済で有効期限無しに使えるので無駄なく使い勝手が良いです。

更にエポスVISAプリペイドカードご利用金額の、0.5%のキャッシュバックもあります。
プリペイドカードは、様々な種類のデザインから選べます!

カード利用通知サービスが優秀

エポスカードは、「カード利用通知サービス」があります。

カード利用時に、ご利用日時・金額をすぐにメールでお送りするサービスです。

  • 「月々のお支払」「カード利用情報が照会されないご利用」「1,000円未満のご利用」などはお知らせいたしません。
  • 「大切なご連絡メール」としてお送りします。

「カード利用通知サービス」の「通知を受ける」設定にしておけば、カード決済利用時に登録してあるメールアドレスに利用通知が瞬時に届きます。
メールをスマホで受信するようにしておけば、外出先でもすぐに確認することが出来ます。
凄いのが他のクレジットカードでも利用通知サービスがあるのもありますが、大体カードを利用して翌日くらいに遅れてメールが届きます、エポスカードの「カード利用通知サービス」は、お店でカードで決済したら瞬時にその場でスマホにメールで届きました。
もし不正利用され身に覚えがない利用通知が来たら不正利用を早期に発見でき安心です。

*ご利用の加盟店によっては、通知が遅れる場合がございます。

バーチャルカードが作れる

世界中のVisaが使えるインターネットショップで、通常のクレジットカードと同様にご利用いただけるカード番号をネット上で発行します(実際のプラスチックカードは郵送されません)。
世界中のVisaが使えるインターネットショッピングサイトでご利用いただけます。

ご自身でご利用可能額(1万円単位)を設定してご利用いただけます。万が一、不正利用があっても設定したご利用可能金額以上使われることはありません。

本物のクレジットカード番号を使用しないので、もし番号が流出してもバーチャルカードの利用を停止し別番号で再発行することが可能です。

私も、インターネットでのクレジットカードの使用時にはバーチャルカードを利用しています。

会員限定マルコとマルオの7日間で10%オフ

年に4回開催される、マルイの「マルコとマルオの7日間」期間中エポスカードを使うと何度でも10%オフになります。

近くにマルイの店舗が無い方も、ネット通販サイトである「マルイウェブチャネル」においてもマルコとマルオの開催期間中には10%オフになります。

店舗での優待特典が多い

居酒屋・カラオケ・アミューズメント・スパなど約10000店舗で、優待特典を受けることが出来ます。
優待サイトはこちら

海外旅行保険が自動付帯

殆どのクレジットカードに付帯している海外旅行保険は、利用付帯と言ってチケットなどをそのクレジットカードで決済しないとつかない保険です。

エポスカードの海外旅行保険は、自動付帯で持っているだけで保険が効きます。更に保証内容も、ゴールドカードに匹敵する補償金額がついています。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

カードのデザインが豊富

ゴジラ、銀魂、新テニスの王子様、コーエーテクモゲームス、オトメイト、カプコンエポスカード、劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」などの魅力あるデザインが選べます。

カードデザインで、エポスカードを作る人も沢山います。

年会費無料のゴールドカードが持てるかも

エポスカードには、通常年会費5000円のゴールドカードもあります。
エポスカード所有者に条件を満たすと、ゴールドカードの招待が届くことがあり招待を受けてゴールドカードを申し込むと年会費無料でゴールドカードを持てます。

エポスゴールドカードには更に充実した特典があり、国内外主要な空港ラウンジが利用出来たりします。
また「選べるポイントアップショップ」「ご利用金額に応じてボーナスポイント」などの併用で、最強のポイント還元率になります。
付与されるポイントも、有効期限のない永久ポイントになります。

実は、エポスカードの一番のメリットは「年会費無料のゴールドカードが持てるかもしれない」と言うところにあります。

私もゴールドカードを目指して、エポスカードをメインカードとして使っています(笑)

追記:2019年4月13日に、ゴールドカードへのインビテーションが届きました!

関連記事

以前の記事で紹介した、エポスカードのゴールドカードへのインビテーションが届きましたので経緯などをご紹介したいと思います。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://seji-drive.com/if-you-[…]

【クレジットカード】エポスゴールドカードのインビテーションが来たので切り替えてみた

まとめ

・年会費無料のクレジットカードを検討している方は、エポスカードがオススメです。

・ポイント還元率は普通ですが、実質「たまるマーケット」経由でネット決済すればポイント還元率が大幅にアップ。

・貯まったポイントは、「エポスVISAプリペイドカード」に移行して消費すれば無駄なくどこでも使えて便利。

・居酒屋・カラオケなど実店舗での優待特典が多い。

・海外旅行保険が自動付帯。海外旅行のお守りがわりに!

・年会費無料の更にお得なゴールドカードが狙える。

以上の事から、年会費無料のエポスカードは長い目で見ても大変お得に使えるので私はメインカードにしました。
もしゴールドカードを手に入れたら、また記事にしたいと思います。

それではまた~!

2019年6月30日までエポスカード紹介キャンペーンを行っています。
ここの紹介URLから申し込みすると、+1,000エポスポイント付与されます!
この機会に是非どうぞ!



【クレジットカード】年会費無料のクレジットカードを持つならエポスカードをオススメする理由
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!