【SSD換装】簡単OS丸ごとクローン方法 SSD/HDDからSSDへ載せ換え

現在使用しているデスクトップパソコンのSSD(Cドライブ)が、年数が経って不安になってきたので新しいSSDにOS丸ごとクローンコピーし、入れ換えてみました。

新しく購入したSSD

今回色々なSSDを検討した結果、現在別にゲーム用M.2 SSDで「Samsung SSD 250GB 960EVO M.2 を使用していて、同じメーカーで統一したほうがSamsung管理ソフト「Magician Software」で一括管理出来るのでメーカーはサムスンに決めました。

今安い中華製のSSDも沢山出ていますが、NAND TypeがSamsung V-NAND・TBW(総書き込みバイト数)が150TBW と250GBクラスではトップクラスの耐久性キャッシュメモリが高速なDDR4を採用している、などのコスパの良さからもSamsung SSD 860EVOを選びました。

Samsung SSD 250GB 860EVO のスペック

General Feature

FORM FACTOR
2.5 inch

INTERFACE
SATA 6Gb/s
(compatible with SATA 3Gb/s & SATA 1.5Gb/s)

DIMENSION (WxHxD)
100 X 69.85 X 6.8 (mm)

WEIGHT
250 GB,: Max 50.0g

STORAGE MEMORY
Samsung V-NAND 3bit MLC

CONTROLLER
Samsung MJX Controller

CACHE MEMORY
512 MB Low Power DDR4 SDRAM

Special Feature

TRIM SUPPORT
Yes

S.M.A.R.T SUPPORT
Yes

GC (GARBAGE COLLECTION)
Auto Garbage Collection Algorithm

ENCRYPTION SUPPORT
AES 256-bit Encryption (Class 0) TCG/Opal IEEE1667 (Encrypted drive)

WWN SUPPORT
Yes

DEVICE SLEEP MODE SUPPORT
Yes

Performance

SEQUENTIAL READ
Up to 550 MB/s

SEQUENTIAL WRITE
Up to 520 MB/s

RANDOM READ (4KB, QD32)
Up to 98,000 IOPS

RANDOM WRITE (4KB, QD32)
Up to 90,000 IOPS

RANDOM READ (4KB, QD1)
Up to 10,000 IOPS

RANDOM WRITE (4KB, QD1)
Up to 42,000 IOPS

 

Warranty

MZ-76E250BW (250 GB)
5 Years or 150 TBW

メモリーもコントローラーも自社製なのが気に入っています。

SSDのクローン換装手順

Windows10EaseUS Todo Backupを使ったクローンの手順

*現在使っているSSD/HDDが取り外せる事・SATA接続である事を確認してください。

Windows10 インストールメディアの作成

Windows10のインストールメディアを持っていない方は、今後万が一の為にWindows10のインストールメディアを作成しておくことをオススメ致します。(必ず必要ではありません)

空の、USBフラッシュドライブ8GB以上をご準備ください。

ここから、「ツールを今すぐダウンロード」でツールをダウンロードし実行し、USBフラッシュドライブでインストールメディアを作成してください。

現在のパーテーションスタイルを確認する


デスクトップ左下のWindowsのマークを右クリック>ディスクの管理を開きます。


交換するディスクを選び右クリック>プロパティを開きます。


ボリュームタブのパーテーションのスタイルを見ます。
GPTMBRどちらかになっていますので覚えておきます。

新しいSSDを接続する

新しいSSDを外付けUSBで接続します。
*新しいSSDは、コピー元のSSD/HDDの容量より同じか大きい物を準備します。


今回私が使ったUSB接続ツールは「裸族の頭 HDD/SSD引越キット」です。

センチュリー システムクローンソフトウェア付2.5インチSATA to USBアダプタ 『裸族の頭 HDD/SSD引越キット』 CRAHK25U3

センチュリー
¥3,469(2019/06/20 07:03:05時点 Amazon調べ-詳細)

一つ持っておくと、後々便利だと思います。


PCのUSB3.0端子に新しいSSDを接続します。

新しいSSDをフォーマットする

新しいSSDをUSBで接続したら、もう一度ディスクの管理を開きます。

新しいSSDのディスクを選んで、右クリック>ディスクの初期化を選びます。


ディスクの初期化が開きます。
先程確認したパーテーションスタイルと同じ方を選択します。
(もしこれでクローンしたあとWindowsが起動しなかったりエラーが出ましたら逆のパーテーションスタイルを選び直してフォーマットし直してみてください。)

指示に従って、初期化をします。


ディスクの管理の画面にもどります。
「未割り当て」部分を右クリック>新しいシンプルボリュームを開きます。


シンプルボリュームサイズが最大ディスク領域と同じになっていることを確認して「次へ」を押します。


「次のドライブ文字を割り当てる」を選び、任意のアルファベットを選び「次へ」を押します。


「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選び、「次へ」を押します。(特に項目はいじらなくて良いと思います)


「完了」を押します。


しばらく経つと、先程設定したボリュームのアルファベットが割り当てられてドライブとしてパソコンが認識します。
これでフォーマット完了です。

EaseUS Todo Backupを使ってクローンする

「EaseUS Todo Backup」というソフトを使って古いSSD/HDDから新しいSSDにクローンします。

ここから「EaseUS Todo Backup」ダウンロードしてパソコンにインストールします。(フリー版でも良いです。)

EaseUS Todo Backupを起動します。


左下の「クローン」をクリックして開きます。


ディスクのコピー元(ソース)にチェックを入れます。(パーテーション単体では無くて、ハードディスク全体を選択する。「次へ」を押します。


新しいディスクコピー先(ターゲット)にチェックを入れます。(パーテーション単体では無くて、ハードディスク全体を選択する。「次へ」を押します。


左下の「高度なオプション」を開き「SSDに最適化」にチェックを入れて「OK」を押し「次へ」


もう一度、「ソース」と「ターゲット」が間違いないか確認して「実行」を押します。


問題が無ければ、クローンがスタートし進行していきます。


約90GBクローンして46分ほどで完了しました。

新しいSSDに換装する

パソコンをシャットダウンし主電源を切り古いSSD/HDDを取り外し新しいSSDを接続し固定しパソコンを起動します。

お疲れ様でした。


Samsung SSD 860EVOに、換装後のベンチマーク。

Windowsが起動しない場合

・通常ならSSDを付け替えるだけで起動しますが、起動しない場合はBIOSから起動デバイスの順位を1番新しいSSDに設定したり、Windowsのスタートアップ修復を実施すると起動することがあります。

・新しいSSDの初期化パーテーションスタイルを変更して、フォーマットし直してクローンをやり直してみる。

EaseUS Todo Backup「高度なオプション」「セクタバイセクタクローン」にチェックを入れてクローンしてみる。

Windowsの調子が悪い場合は、こちらの記事を参考にチェックしてみてください。

関連記事

台風・地震等でPC(Windows)を使用中に、突然停電で電源が落ちることがありました。その後電気が復旧しPCを起動出来たのですが、「PCは壊れていないだろうか?」と不安になったことは無いですか?そこで今回は、Windowsを使用中[…]

【PC】Windowsを使用中に突然停電で電源が落ちた時のチェック

まとめ

SSDへの換装は、手順を一つ一つしっかりやれば簡単にできます。

現在SSDを使っている場合も、古いSSDを最新のSSDに換装すれば更にパソコンの動きが良くなり安心快適になります。
今回古いSSDから新しいSamsungのSSDに換装したところ、明らかに書き込み速度がアップし大容量なソフトのインストールも時間が速くなりました。

どんどんSSDの価格も下がってきているので、この機会に最新のSSDに換装にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

それではまた~!

【SSD換装】簡単OS丸ごとクローン方法 SSD/HDDからSSDへ載せ換え
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!