【格安SIM】キャリアから格安SIMに乗り換えて目指せ月1000円運用③~DMMモバイル~

今回ソフトバンクを辞めて新たに契約する格安SIM業者は、色々検討した結果DMMモバイルにすることに決めました。

私がDMMモバイルに決めた理由

プラン容量が細かく分けられている

DMMモバイルプランは、1Gから20Gまで細かくプランが分かれており、無駄なくプランが決められ価格も格安です。

翌月容量繰り越しがある

DMM モバイルでは、1ヶ月で使い切れなかった基本データ通信料を翌月に繰り越して使用することができます。
※2ヶ月後以降は繰り越されません

追加チャージ料金が安い

100MB500MB1000MB1000MB
(繰り越しなし)
2006001,100480

他社と比べても、翌月繰り越し無しの1000MBが480円と激安!
一時的に容量を使いたい時などに助かります。

低速通信時のバースト機能がある

高速データ通信量の残量が無くなった場合や高速データ通信をOFFに設定している場合に、始めの読み込み時に一定量だけ高速通信をしてくれる機能がついています。

DMM光とセット割引がある

私は、自宅のインターネット回線フレッツ光の更新月・来年6月にフレッツ光を解約して安くて速いDMM光に変えようと思っています。

インターネット回線のDMM光DMMモバイルをセットで契約すると、毎月500円割り引いてくれます。
他社もセット割引あるところもありますが、毎月500円割引は他社よりも大きいです。

DMMポイントがもらえる

毎月のご利用金額の10%DMMポイントを還元してくれます。

ポイント有効期限3ヶ月の、DMMのサービスで使えるポイントを還元してくれます。

例えば月1000円のDMMモバイル利用であれば、毎月100ポイントもらえます。
DMMでは、動画やゲームなど色々なサービスがあるので活用出来そうです。

私は、電子書籍を購入してポイント消化しています。

専用アプリがある

iPhone・Android用専用アプリが用意されており便利です。

・高速データ通信の残量をグラフで確認できる

・追加で高速データ通信量をチャージ購入できる

・高速データ通信のON/OFFが簡単に変更できる

・ご請求内容をいつでも確認できる

・ご契約高速データ通信の残量を通知設定ができる

DMM mobile
ユーティリティ無料iOSユニバーサル

DMMモバイルに申し込む

シングルコースのデータ通信SIMプラン3G+SMS機能付き申し込みました。

申込み時DMMモバイルでは、新規契約手数料0円キャンペーンをやっており、新規事務手数料3,240円(税込み)を値引きしてくれました。

他、SIMカード準備料394円・月額基本料金(日割り)198円・ユニバーサルサービス料2円などで差し引き最初にかかった手数料は640円だけでした。
新規契約手数料0円キャンペーンは大きいですね。
*時期によってキャンペーン内容は異なります。

月々の支払いは、データ通信SIMプラン3G850円+SMS機能付き150円で1000円(税別)です。

データ通信SIMプランの場合、解約手数料が無料なので今後もし違う格安SIM業者に変える場合も気楽にできます。
通話対応SIMプランの場合は、利用開始から12ヶ月以内の解約は9000円かかります。

SIMカードが届いた

Webから申し込み、4日程クロネコヤマトでSIMカードが届きました。

iOSとAndroidの設定方法が解りやすく書いてある説明書と、SMS付きSIMカードが入っていました。

説明書を読みながら、先日SIMロック解除をしたソフトバンクのiPhone8からソフトバンクのSIMを取り出し、届いたDMMモバイルのSIMに入れ替えました。

ここのページをiPhoneのSafariで開いて、APN構成プロファイルをダウンロードしてインストールします。(WiFi環境が必要)

APN名:dmm.comを選んでプロファイルをダウンロード・インストールします。

プロファイルがインストールされると、iPhoneの画面の左上の表示がdocomoと表示されています。
WiFiを切るとdocomo 4Gと表示されて設定完了です。

このように、ソフトバンクキャリアで買ったiPhoneでもSIMロック解除手続きをするとdocomo系のSIMカードも使えるようになります。

SMS付きSIMなので、SMS専用電話番号を確認しLINE・Apple ID・SNSなどの電話番号認証をSMS専用電話番号で登録しなおします。
IP電話運用で、音声通話無しのデータ通信SIM契約でもオプションでSMS機能を付けた方が何かと便利なのでオススメします。

ソフトバンクを解約する

DMMモバイルのデータ通信SIMで、問題なく通信・IP電話等が出来ることを確認したらキャリア・ソフトバンクを解約します。

先日、ソフトバンクショップに行って確認した解約にかかる費用を確認しもう一度ソフトバンクショップに行って解約手続きをしようと思います。

私は、解約手数料は0円でiPhone8の端末代が後12ヶ月残っているので解約した後も来年の10月まで端末代だけ月割で引き落としされます。
解約する場合は、解約手数料がかからない月に解約し端末代の残債支払いを必ず確認しましょう。

今まで、ソフトバンクで毎月約6900円支払っていました。
今回解約し端末代が残り12ヶ月毎月3930円かかりますが、DMMモバイルのSIM代が毎月1000円なので合計4930円と安くなるので、端末代の残りがありますがソフトバンクを解約して格安SIM・DMMモバイルに変えました。

格安SIMに移行を考えている方は、解約手数料・端末残債支払いなどを確認していつ移行したほうが得なのかを計算してみてください。

まとめ

・色々な格安SIM業者がありますが、今回検討した結果DMMモバイルに決めました。

SNSフリーオプション重くて使い辛い為、SNSフリーオプションは付けないほうが無難です。

・IP電話運用で、音声通話無しのデータ通信SIM契約でもオプションでSMS機能を付けた方が何かと便利。

・SIMカードが届いたら、iPhoneの場合プロファイルをダウンロード・インストールして設定する。

・SMS専用電話番号を確認しLINE・Apple ID・SNSなどの電話番号認証をSMS専用電話番号で登録しなおす。

・問題なく通信・IP電話等が出来ることを確認したらキャリア・ソフトバンクを解約する。

050番号IP電話を利用し、DMMモバイルデータ通信SIMプラン3G850円+SMS機能付き150円で月1000円運用が可能となりました。
参考になれば幸いです。

それではまた~!



【格安SIM】キャリアから格安SIMに乗り換えて目指せ月1000円運用③~DMMモバイル~
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!