【タイヤ交換】タイヤ安売り王ビーラインで激安アジアンタイヤに交換してみた

私の乗っている軽自動車のタイヤが、そろそろ劣化してサイドにクラックが沢山入ってきて危ないのでタイヤ交換をすることにしました。
そこで今回、前々から気になっていた激安のアジアンタイヤビーラインさんで交換してみることにしました。

アジアンタイヤとは

アジアンタイヤとは、台湾、インドネシア、韓国、中国などの新興メーカーが製造するタイヤで日本国内有名メーカーのタイヤと比べると圧倒的に安いのが特徴です。

一昔前のアジアンタイヤは、安いけどすぐ劣化する・雨の日滑る・硬いなど品質が日本国内の有名メーカーのタイヤと比べると劣っていました。こここ数年、低価格を維持しながら急激に性能を高めて品質が良くなってきています。

圧倒的に低価格で、日本国内の有名メーカーのタイヤと殆ど変わらない性能・品質であれば十分選択の余地があります。

タイヤ安売り王ビーラインに行ってみた

入店

ビーラインの店舗は、舗装されていない敷地にプレハブの建物とコンテナ・簡易的な作業場と簡素な作りで店舗にお金をかけていません。その分タイヤ販売価格に反映してタイヤを安く提供しています。
宮崎県内・九州各県を中心に、兵庫・広島・愛媛にも店舗があります。

駐車スペースに車を停め降りると、お店の方が来てくれ挨拶で出迎えていただき好印象です。

見積もり

タイヤ交換をしたい事を伝え、今のタイヤの状態を確認してくれました。
先に、「サイトを見ました」「アジアンタイヤで良いです」と伝えると計算してくれます。

基本的に工賃は、組み換え料700円x4本・廃タイヤ処分料300円x4本・バルブ代250円x4本・タイヤバランス500円x4本(通常は2本のみ)です。
一応タイヤローテーションなどをすることを考え、タイヤバランスは4本お願いしました。

合計タイヤ代(155/65R13)込みで、12800円+消費税=合計13824円でした。なんとタイヤ1本1450円(笑)
*価格は時期・銘柄・サイズによって変動します。

普通に日本国内メーカーのタイヤでディーラーなどで交換すると、4万円近くかかると思いますのでめっちゃ安い!

 ROADSTONE(ロード ストーン)タイヤとは

今回装着するタイヤは、ネクセンタイヤNEXEN TIREROADSTONEブランドのN’blue Ecoという銘柄です。

ネクセンタイヤNEXEN TIREとは、韓国の大手タイヤメーカーで欧米向けブランドとしてROADSTONEブランドのタイヤを製造しています。
日本でも三菱自動車・スズキ自動車などの新車装着タイヤでも採用されていて信頼度があり、実用上はまったく問題ないと考えられます。

また、イギリスのプレミアリーグ・マンチェスターシティの
ユニフォームスポンサーとしても世界的に有名です。

交換作業

他にお客さんが居なかったのですぐに作業に取り掛かってもらえました。
作業中は、プレハブの待合室でTVやカタログなどを見ながら待つことが出来ます。

約20分ほどで作業が終了し、クレジットカードで会計をすませました。


*価格は時期・銘柄・サイズによって変動します。

パンク修理無料サービス

ビーラインで購入交換したタイヤが万が一パンクした場合は、無料でパンク修理をしてもらえます。

・ビーラインのステッカーを貼っている車が対象のサービスです。
・ビーラインでお買上いただいた全新品乗用車用タイヤが対象になります。
・パンク修理はスタッフが確認し安全性に問題なく修理可能と判断した場合に限ります。
・パンク修理無料期間はお買上日より2年間とさせていただきます。
・出張交換等は別途料金が必要となります。

タイヤ交換後の感想


ROADSTONE N’blue Eco 155/65R13

外観見た目:サイドにROADSTONE N’blue Ecoのロゴが書かれており、日本のメーカー製タイヤとも見劣りしないデザインでカッコいいです。

乗り味:グリップ力は高そうで、少しやわらかくしなやかで音は静かです。

雨の日:かなりの大雨の日に乗りましたが、排水性・直進安定性に優れていてしっかりとしたグリップで安心して運転出来ました。

耐久性:まだ装着したばかりなのでわかりませんが、期待しています。

一応エコタイヤとはなっていますが、コンフォートタイヤ的な乗り味です。

この価格で、全然不満のない外観と性能で大変満足しています。

まとめ

タイヤ安売り王ビーラインは、タイヤ販売に特化し大量仕入れ・コスト削減などで低価格を実現しています。

お店の方の対応も良く、大変スピーディーに作業してくれます。

パンク修理無料サービスがあり、安心できます。

・最近のアジアンタイヤは、低価格を維持しながら日本国内の有名メーカーのタイヤにも見劣りしない性能・品質になっている。

・古いタイヤを気にしながら乗り続けるより、思い切って安い新品のタイヤに交換して乗ったほうが安心できて快適です。

思った以上に安くすみ、お店の方の対応も良く大変満足してタイヤ交換をすることが出来ました。
皆さんも、タイヤが気になるときは一度お近くのビーラインに行ってみてはどうでしょうか。

それではまた~!

【タイヤ交換】タイヤ安売り王ビーラインで激安アジアンタイヤに交換してみた
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!