【自動車メンテナンス】簡単に出来る エンジン エアフィルターを交換してみよう!

私が乗っているダイハツ タントエグゼの、エンジンのエアフィルターの交換をしてみましたので手順をご紹介します。
基本的には形状は違いますが、どの車も手順はほぼ同じです。

エアフィルターとは

エンジンに送り込んでいる外気を、エアフィルターゴミやほこりを除去エンジン内に綺麗な空気を送り込む役目をしています。

エアフィルターが汚れてくると、燃費の悪化・パワーダウン等の悪影響が出てきますので定期的に(1年1回もしくは10000km)交換するのが望ましいです。

新品のエアフィルターの入手

交換する車の年式・型式などから純正のエアフィルターの品番を調べます。
ディーラーで注文するか、ネットで社外品の純正交換タイプを入手します。
今回私は、楽天市場で社外品の純正交換タイプを購入してみました。

エアフィルターの交換

エアクリーナーボックスを開ける。


ボンネットを開け、エンジンルーム内にあるエアクリーナーボックスの蓋を止めてある金具を外してエアクリーナーボックスの蓋を開けます。


上半分を外すと、エアフィルターが見えましたので取り外します。

新品との比較


取り外したエアフィルター(44000km走行)と新品との下面比較。
見ただけでも汚れています。


上面側でも、黒く汚れています。

新品のエアフィルター取り付け


新品のエアフィルターを、エアクリーナーボックスに向きに注意しながらしっかりとはめていきます。
ゴム枠がちゃんとはまっているかを指で押しながら確認してはめ込みます。

しっかりと新品のエアフィルターをセットしたら、エアクリーナーボックスの上半分で蓋をし取り付け金具でしっかりと閉めます。

確認

エンジンをかけ、異音・異常がないかを確認してボンネットを閉めて完了です。

まとめ

・安いものなので、1年または10000kmでエアフィルターは交換しましょう。

・汚れたまま使用し続けると、燃費の悪化・パワーダウン・エンジン不調などの原因になります。

・車の年式・型式などから、純正の品番を間違えないように確認して部品を注文しましょう。

・簡単に自分でも交換出来るので、是非チャレンジしてみてください。

この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!