【中古車購入】元ディーラー中古車店長が教える失敗しない中古車の選び方②~走行距離の考え方~

皆さんは中古車を検討する時に、走行距離を重視しますか?中古車は、走行距離に応じて同じ車種でも価格相場が全然違ってきます。
そこで今回は、中古車の走行距離について考えて行きたいと思います。

平均的な走行距離

中古車は、一般的に1年1万キロ前後が標準だとされています。
中古車の査定でも、3年で2万キロ以下だと加点・3年で4万キロ以上だと減点されるようになっています。

年式と走行距離の関係

10年落ち10万キロの場合

10年落ちの中古車で走行距離が約10万キロ前後だと、まんべんなく平均的な車の使われ方をした車だと言えます。

中古車価格:相場平均価格

10年落ち5万キロの場合

1年で約5000キロの使い方をした車なので、通勤などで使っていないか近場だけ使うことが多かった車だと考えられます。

中古車価格:相場よりやや高め

10年落ち3万キロの場合

更に使用頻度が少なく、近場の通勤のみか休日買い物だけしか使わなかった車の可能性が高いです。

中古車価格:相場より高め

10年落ち13万キロの場合

平均より多めの走行距離で、長距離通勤で使っていたか仕事でも使われていた車の可能性が高いです。

中古車価格:相場より安め

中古車価格に与える影響

中古車の価格は、車種の次に年式が価格に影響を与えます。その基本価格に走行距離・車の状態などで加点・減点していき価格が決まっていきます。
なので、同じ車種・年式でも走行距離で中古車価格が1万円~数十万円まで前後し変わってきます。

多走行車をオススメする理由

私は、同じ年式でも走行距離の多い車をオススメします。

理由1

年式に対して走行距離が多めなので、同じ車でも中古車価格が安くなる。

理由2

長距離を沢山走行しているので、状態の良い車が多い。車は近場をちょこちょこ乗るより、長距離を一気に走ってる車の方が車の消耗も少なく程度の良い車が多い。

理由3

一般的な走行距離より多く走っている車は、車のメンテナンスに力を入れていたり車が好きな人が乗っていた可能性が高いので状態が良い車が多い。

理由まとめ

車は同じ距離でも、短距離を多い回数で乗るより長距離を少ない回数で乗るほうが車に与える負荷が少なく調子が良く、たまにしか動かさない車より毎日動かしている車の方が調子が良いです。
結果、同じ年式でも走行距離の多い中古車の方が価格も安く程度の良い車を手に入れられる確率が高いと思います。

多走行車の注意点

・その車がタイミングベルトを使用していたら、8万キロ以上の中古車はタイミングベルトを交換済みか確認しましょう。もし交換していなかったら購入時にタイミングベルトを交換しましょう。

・運転席のドアを開けた辺りに、エンジンオイルの交換ステッカーが貼ってあることが多いので出来るだけまめに変えてあるような形跡のある中古車を選ぶと、前の使用者は大事に乗っていた事がわかります。

・ボンネットを開けオイルレベルゲージを抜き一度拭き取りもう一度刺して、付着するオイルの色・量を確認しましょう。比較的綺麗な色でオイルの量も規定のレベルまで来ていれば良いです。

まとめ

・車の平均的な走行距離の目安は、1年1万キロ。

・同じ年式でも、走行距離が増えるほど価格は安くなる。

・走行距離が多い中古車の方が、大事に扱われていた車の可能性が高い。

・オススメは、同じ車種・年式でも多走行車をオススメします。

・タイミングベルト交換の有無・オイル管理を確認しましょう。

それではまた~!

オークション形式の査定なら、1回の査定で最大2000社があなたの車に値段を付けてくれます。
一番高く買取価格を提示した業者に、あなたの車が売れます。
ご連絡は、ユーカーパックからだけ。

【中古車購入】元ディーラー中古車店長が教える失敗しない中古車の選び方②~走行距離の考え方~
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!