【easy lock】信頼の車のキーシステムを使って玄関ドアをキーレス化してみた

前々から、自宅の玄関ドアの鍵の開け締めを車のキーレスみたいにリモコンで開け締め出来たら良いな~と思っていました。
先日、たまたまお店の店頭にデモ機が展示してあった「easylock(イージーロック)」を見かけて触ってみて「これは良さそうだ」と思い購入して自宅の玄関ドアに取り付けてみました。

easylock(イージーロック)とは

車のキーシステムを製造しているメーカーが製造

easylock(イージーロック)は、「株式会社ホンダロック」という我が地元宮崎にある主に自動車のキーシステム・エンジンスターター・イモビライザーシステム・ドアミラーなどを製造している部品メーカーが製造している安心の日本製です。

ボタン1つで解錠できる

付属のリモコンを使って、ボタン一つで離れたところからリモコン操作で解錠できます。
荷物を持っているとき、暗いときなどいちいち鍵を探して鍵穴に挿さなくても解錠出来るのですごく便利です。

簡単取り付け

錠前のタイプが合えば、ドライバーで簡単にお使いの扉に取りつけることができます。配線工事等は不要です。

ビス止めで安心

ドアに穴を開けることなく、既存のネジ穴を使ってビス止め出来るのでガッチリ固定出来て落下する心配がありません。

オートロック機能が便利

リモコンで解錠したあと一定時間が経つと自動施錠され、
施錠後に本体のブザー(ピッ)が鳴ります。
但し、リモコンを使わずに解錠した場合は、オートロック機能は作動しません。短時間の外出(ゴミ捨てなど)ではオートロックが作動しないので便利です。

リモコンが最大8個まで使用可能

付属品の2個を含めて、最大8個までリモコンが使えます(ミニリモコンは、単品でも販売しております)。

取り付けてみた

取り付け可能な玄関ドアか確認

このページで確認をしていきます。
ドアの形状・厚み・サムターン周りの確認をし、錠前タイプの確認をします。


MIWAのQDK-668なので「easylock」LSPタイプ [メーカー:MIWA]になります。
*錠前タイプによって3種類ありますので間違えないように購入してください。
取り付け可能な玄関ドアだとわかりました。

easylock開封


先程確認した錠前タイプで、LSPタイプの内鍵は1つなので1ロックタイプのゴールドを選びました。
*2ロックタイプもあります。


外箱の裏面には、取付可能かのチェック項目が書いてあるので必ずご確認下さい。


同梱物は、本体・キー収納リモコン1個・ミニリモコン1個・取付用付属品・単三アルカリ乾電池4本・コイン型電池(CR2025)リモコン2個に装着済み・取扱説明書(保証書)・取付説明書・2ロック用付属品一覧 が入っています。

既存のサムターンの取り外し


プラスドライバーで内側から、既存のサムターンのビス2箇所を外側のキーシリンダーを押さえながら外します。
*外側のキーシリンダーを押さえとかないと落下します。


外れました。
取り外したサムターン・ビスは大切に保管しててください。

ブラケットの取り付け

ブラケット(鉄板)裏にLSP用スペーサーを取り付け、ブラケット固定用ビスを通して、外側から先程取り外したシリンダーを押さえながら(上下を間違えないように)ブラケット固定用ビスを締めます。
*締めすぎず、ある程度止まれば大丈夫です。

シートの取り付け


先程取り付けたブラケットに、シートの溝がある方を扉面に向けてブラケットの突起部とシートの四角長穴、ブラケットのビス穴とシートのビス貫通穴が合うようにシートをセットします。

本体の取り付け


本体の電池カバーを取り外し、本体のサムターンを右開きの場合は垂直状態・左開きの場合は水平状態にします。(今回右開きなので垂直状態)
本体の固定用ビス穴とブラケットのビス穴、サムターンシャフトを合わせて仮固定します。


仮固定の状態で、サムターンを回しデッドボルトがスムーズに出入りするか確認します。


デッドボルトの動作確認ができたら、本体固定用ビスで本体をブラケットにプラスドライバーで固定します。
*シートと本体に隙間がないか、またシートがめくれてないか注意して取り付けます。

電池のセット・オートロックのセット


単三アルカリ乾電池を4本セットして、右下のAUTO LOCKのスイッチをONにします。

左下のディップスイッチの2番をONにします。(オートロック時間設定・ON20秒 OFF10秒)
他にもディップスイッチで、リモコンの登録・回転方向切り替え・ブザー音など設定出来ます。


電池カバーを取り付けて、動作確認をして取り付け完了です。

取り付け説明書がすごくわかりやすく、丁寧に書いてあるのでその通りにすれば誰でも簡単に取り付けられると思います。

LSP・TXタイプの取り付け確認 / 取り付け方法 動画

取り付け後の使用感

車の鍵と一緒にミニリモコンをキーホルダーに付けて使用しています。

家に帰ってきていちいち鍵穴に挿さなくて、車のキーレス感覚でリモコンで玄関ドアの鍵が開けられるのはすごく便利です。
特に暗いときや、荷物を持っているときは便利さを実感しています。
オートロックも便利で、いちいち鍵をかける手間が無くなって確実に閉まるので安心です。
また、ゴミ捨てなどすぐに戻ってくる場合などにオートロックが作動しないように、内側から手動で鍵を開けて出れば良いので慣れてしまえば大丈夫です。

リモコンのボタンを押したときの反応も速く、さすが車のキーレスシステムの技術だな~と感じています。
反応速度の動画を撮ってみました。

取り付けも多少手順はありますが、両面テープとかではなく既存のビス穴を使ってビス止め出来るのでガッチリ固定出来て落下する心配がなく安心です。
ドアに穴を開けたりしないので、賃貸物件でも取り付けが出来ます。(取り外したサムターン・ビスは大切に保管しててください。)

皆さんも、この機会に導入をご検討されてはいかがでしょうか。

【easylock】信頼の車のキーシステムを使って玄関ドアをキーレス化してみた
この記事が役に立ったらフォローして、ブログの更新情報をチェックしよう!